レーザー脱毛ほど効率的な脱毛法はありません@それでもデメリットもあります

レーザー脱毛のメリットとデメリット

レーザー脱毛を受けるにあたって、メリットやデメリットについて十分理解をした上で実行をする事が大切です。もしも、不十分なままレーザー脱毛を受けてしまえばイメージとの違いに不安や不満が出てくる可能性があります。

それがトラブルや満足度の大きな違いとなって出てきてしまいますので、安易にレーザー脱毛の利用を決めるのではなく、良い点だけでなく悪い部分も良く理解をした上で、最終的な利用の判断を行ないましょう。

ではメリットとしては何が考えられるのか、それはまず脱毛の面でしょう。医療用レーザーを用いて、強力な出力により脱毛を行なうので、電気針までのレベルではないでしょうが、永久脱毛を謳える施術方法なのです。

これは永久脱毛の定義があるのですが、施術後の一定期間に毛の再生率が定義の範囲内で収まっていることが確認されているのです。これは光脱毛ではなしえる事ができませんから、個人差はあるものの効果は高いでしょう。

また、医療機関の対応ですから万が一の肌トラブルや体調不良でも適切な処置が迅速に行なえ安心です。では、デメリットは何かと言うと施術時の痛みや肌トラブルの可能性です。

効果が高い分肌への負担は大きく、腫れや痛みが伴いやすいようです。また、金額も高い事が多いので1回あたりの金額負担が光脱毛より大きいでしょう。また、サロンのような贅沢な気分は味わいにくくサービスというよりは、どうしても医療的なイメージが強い傾向にあります。

レーザー脱毛の痛みについて

レーザー脱毛は痛いということを良く聞きます。光脱毛よりはやはり痛みは感じやすい傾向にあるようです。痛い思いを毎回するのは嫌だなと思い、なかなか足を運ぶ事ができないという方もいることでしょう。

ここでは心配なレーザー脱毛時の痛みについて考えてみましょう。痛みについては個人により度合いの感じ方は非常に違いがあると思われます。そのため、皆が同じ痛みを感じているかと言うと、そうではありません。


同じ痛みでも、それほど気にならないという方や我慢ができないくらい痛みを感じるという方も実際には存在するのです。しかし、せっかくの効果が高いレーザー脱毛を痛みが原因で受けられない、受けたくないというのは勿体無いですね。

レーザー脱毛を行なうのはクリニックなどの医師がいるところですので、痛みに対する不安が大きい時には、適切な処置をしてくれることもあります。

軽い麻酔薬を使用し、痛みを感じにくいように局部麻酔を行う事も可能です。そのため、極端に不安や怖さを感じる事はありません。逆に、そのような過度な心配は本来感じなくても良い痛みを増大させる可能性が高くなってしまいます。

初めてレーザー脱毛を行なう際は、様子を見ながらですから出力を抑えて肌状態を見ながら行なわれる事が多いです。そのため、痛みもそれほど心配するものではないです。

ただし部位によって敏感に痛みを感じる場合もあるため、医師やスタッフと相談をしながら受けましょう。

レーザー脱毛の効果とは

レーザー脱毛を受けるにあたり、気になる事柄としてはその効果のほどは果たしてどのくらい期待して良いのかという点ですね。

金額は下がりつつあると言えども、やはり高額となってしまうレーザー脱毛ですから、高い金額を払うのであればできる限り脱毛の効果を得たいところと思われます。実際のレーザー脱毛の効果とはどのくらいなのでしょうか。

脱毛の効果に関してはレーザー脱毛に限らず他の方法でも個人差が非常に大きいものです。同じ施術を受けてもその後の毛の再生率は個々により違いがありますので、あくまでも参考程度と思ってください。

レーザー脱毛の場合、光脱毛よりは効果は得られやすいと言われています。しかしレーザーはより黒いものに反応をしやすいため、産毛などの細くて色素の薄い毛では十分な効果はあげ難いかも知れません。

それ以外では、施術後1〜2週間を過ぎると毛が抜け始めるという事が多いようです。そして、休止期に入っていたムダ毛が再生を始めた頃に再びレーザー脱毛を行なうというサイクルで通い、3回ほど続けると脱毛の効果を感じるという結果があります。

ここで、注意なのは永久脱毛といっても、全ての毛が永遠に生えて来ないという訳ではありません。永久脱毛の定義では2〜3割ほどの毛の再生までは容認し、それくらいの再生率であれば永久脱毛として呼べるということにしています。

そのため、レーザー脱毛だからもう毛が生えて来ないという認識は改めて施術を受けましょう。